ビーグレンを使い始めてからニキビがよくなってきた気がします

私が、ニキビに悩み始めたのは、高校生になってからのことでした。

中学時代には人と比べてもニキビがひどい方ではなくおでこの部分にプツプツとできる程度でした。

前髪で隠すこともできましので、悩むこともありませんでした。

学生時代にしかニキビは出来ないからと親からも言われていたので、一時的なものだからと特に気にするそぶりは私の中にはありませんでした。

しかし、月日が流れて30代になってもまだ私のおでこやほっぺたにはプツプツとニキビができては消えての繰り返しでした。

次第にいくらたっても無くならないニキビに嫌気がさすようになり、清潔に洗った上でニキビを指先でいじるようになりました。

膿が出たり血が出てしまうこともありましたが、少しでも早くニキビが無くなって欲しいという想いだけで、自然と指先がニキビへと進んでいきました。

ニキビをつぶし続けた結果

ニキビをとにかく自分の手でブチュブチュと潰すことが当たり前となってしまってから、私の肌はより赤みを帯びるようになりつぶしたニキビの跡が顔に残るようにもなってしまいました。

清潔にした手でやっていたということは特に関係なく、ニキビが首の方まで広がり始めていました。

自分でもなんとかしたいと思っていました。

とにかく、今あるニキビとつぶして後になってしまったニキビと決別したいという思いが日に日に鏡を見るたびに強くなっていました。

ちなみに、わたしは背中ニキビもあるのですが、背中ニキビにはエステがけっこう良かったです。詳しくは、背中ニキビ・エステ・おすすめが分かりやすいと思います。

ニキビの解決に手にしたビーグレン

私の友人にもニキビに対してい悩みを抱えている人がいました。

その友人がある日、「ニキビケアで使用しているビーグレンって商品が、めちゃくちゃニキビにオススメだよ」と教えてくれました。

早速、インターネットで特に聞き覚えのないビーグレンという名のニキビケアアイテムを探すことにしました。

すると、私の中にあるニキビに関する概念が変わる連続でした。

ニキビに関しては、ずっと親から「学生時代にしかできないよ」というふうに育てられてきたため、ビーグレンの説明を目にした時、出産後のニキビや成人になってからのニキビなど大人ニキビがあるという存在を初めて知ることとなりました。

また、ビーグレンはちょうど私のように30代以上になったニキビに悩む人々専用のニキビケアアイテムであるということを知り、まさに自分にぴったりの商品だと説明を読めば読むほど強く感じていきました。

Qソームという成分がお肌に浸透する能力が非常にたかく、医療用技術が詰まった他にはないニキビケアアイテムでした。

アメリカの最先端技術を凝縮しており、なおかつ日本人向けに開発されている商品ですので、まさに私にうってつけの化粧品でした。

利用してみた結果

いつも洗顔をした後にビーグレンを使用していますが、最初はニキビでダメージを蓄積したお肌に塗っても浸透してもややすべすべになっていると感じるほどでした。

しかし、継続して使用していくうちに、まだニキビが残っている状態でもすべすべとした感覚を自分の表面で感じることができるようになってきました。

特に、泡だつということもなく、継続して使用していると肌になじんでいくように感じました。

すべすべしたクリームになってからは、ニキビの上で塗っても肌に引っかかるような感覚や痛みもなく非常にわたしのニキビ肌に合っていると感じました。

継続して使用する事3か月が経過しました。

まだ、新しいニキビは出来ていますが、膿が出るというような悪化する症状は全くなくなりました。

ニキビがあってもお肌が以前よりも潤いを保っているのも嬉しいところです。

特に冬場は乾燥しているため、カサカサ肌にも悩んでいたのですがビーグレンの効果で冬もカサつくことなくニキビ持ちの顔でも過ごすことができました。

ビーグレンは使用すればするほど効果が高まる商品だと感じています。