ニキビの芯の正体とは?芯があった場合の対処方法を伝授

ニキビの芯は、毛穴の中に詰まった汚れや皮脂などのことです。

これが空気に触れる事で、酸化して黒くなったりします。これが黒ニキビです。

白ニキビは、皮脂がたまっているのが白く見えている状態です。

ニキビの芯は、コメドや角栓などとも呼ばれます。

ニキビの芯ができてしまったときはどうすればいい?

まず、ニキビ箇所を清潔にする必要があるため、洗顔をしたり、お風呂に入ったりします。

続いて面皰圧子をニキビ箇所に押し当てニキビの芯を取り出します。

そうすると、その毛穴はぽっかりとあいた状態ですので、消毒をし、清潔にたもちます。

バイ菌が入るおそれがあるので、ニキビの芯を取り出した箇所は手でふれないようにしてください。絆創膏などをはる事をお勧めします。

化膿している黄ニキビなら皮膚科への相談も検討を

化膿している黄ニキビなどは、皮膚科に行ってニキビの芯を取り出してもらう事をお勧めします。

なぜなら、ご自身で膿やニキビの芯を全て取り除く事は大変難しい為、ニキビが悪化する可能性もあります。

また、赤ニキビや黄ニキビの芯を無理に取り出そうとしたりすると、ニキビ跡がクレーターのようになって残ってしまう可能性もありますのでたいへん危険です。ご注意ください。

芯を取り出した場合は、アフターケアが重要ですのでしっかりとおこないましょう。

アフターケアの注意点は、しっかりと麺棒などで消毒し手で触れないようすることと、なるべくバンドエイドなどで保護し、髪の毛などから雑菌が入るのを防ぐことです。